こんにちは!
たかです。

 

前回は
制球力をあげる方法、

 

試合での修正能力
を手にする方法について
書きました。

 

という訳で
今回も引き続き

 

 

圧倒的制球力を手に入れる
単純な1つの練習とは。

 

 

をテーマに
お話したいと思います。

 

 

もしあなたが
この練習を知らなければ

 

 

今までのように
制球力に不安を
抱えたまま、

 

 

四球、死球の
オンパレードで

 

 

監督からも仲間からも
信頼を得られない

 

状況になることも
ありえます。

 

 

「球は速くても
入らないんじゃ
意味がない」

 

と言われ、

 

 

屈辱を覚える
ことになります。

 

 

逆に
この方法を知っていれば

 

 

例えその試合で
調子が悪いとしても

 

 

試合中に
制球力を修正する
ことが可能になります。

 

 

周りからは

 

「○○くんは大荒れ
する日がないよな」

 

とチヤホヤされ、

 

監督からは
絶大な信頼を

 

1人占めすることが
可能になるでしょう。

 

 

では、その練習方法とは、、

 

 

「アウトローへの投げ込みを
徹底的にする」

 

 

ことです。

 

 

アウトローは
投手の基本となる
コースですが、

 

 

この練習の
良いところは

 

 

どんな場面でも
アウトローに投げられる
ようになることや、

 

 

自分の基準となる
コースを作っておくことで

 

 

コースの投げ分けや

 

 

変化球の制球安定に
つなげることができる

 

 

という点です。

 

 

具体的には

 

アウトローに連続7球
投げられたら

 

1球変化球。

 

また連続で投げられたら
変化球。

 

 

という風な
ピッチング構成に
してください。

 

 

余談ですが

 

 

僕の1試合の最高
四死球の数は
14個です。(7回)

 

 

そんな僕でも、
これを徹底したことで

 

 

1試合の四死球平均は
2つまで激減しました。

 

 

僕にできて
あなたにできない
わけがありません!

 

 

今日のブルペンで
是非試してみてください。

 

 

今回もお付き合いいただき
ありがとうございました!

 

 

 

TAKA

 

画像出典:https://i.daily.jp/mlb/2018/04/09/Images/11147288.jpg