こんにちは!
たかです。

 

 

相変わらず、野球ばかり
やってるんですが、

 

 

少し前ですが、
制球が良くなくて
かなり悩んでいました。

 

 

そんな訳で、
トレーナーである、僕の師匠に
電話してアドバイス
頂いたんですが、、

 

 

やはり師匠はすごいです!!

 

 

少し、言われた部分を
意識するだけで、

 

すぐに、
制球が安定するように
なったんです!

 

 

制球が定まらないなんて、
正直、投手失格ですよね。

 

厳しい言葉ですが、

 

実際、監督に僕が
言われたことですし、

 

間違いなく正論です。

 

 

コントロールが悪いと、

 

・そもそも投手として
認めてもらえない。

 

・守備のリズムが
悪くなる。

 

・球数が増えて、
長いイニング投げられない。

 

 

良いことなんて
ひとつもありませんよね。

 

 

でも、

 

もしコントロールが良ければ、

 

・投げる内容に
安定感が出てくる。

 

・攻め方に
幅が広がる。

 

・球数が少なく済み、
スタミナ消費が少ない

 

結果的に、
監督や仲間からの
信頼を得ることが出来ます。

 

それどころか、

 

コントロールさえ
安定させてしまえば、

 

スピードなんかは120Km
いかなくても、

 

9回ノーヒットに抑える、

 

そんな事も可能に
なってしまうんです!

 

では、一瞬で
制球を安定させてしまう、
その方法とは?

 

 

それは、
首の動きです。

 

ここからは、
僕が師匠から貰った
アドバイスを書きます。

 

まず、コントロールの
悪い投手に一貫して言えること。

 

それは、投げるときに
首がぶれていること。

 

首がぶれると
体軸がぶれてしまうので、

 

体の動きがスムーズに
いかないんです。

 

プロ野球選手で例を挙げると、
日ハムの斎藤佑樹選手。

 

YouTubeなんかで
動画を見て頂くとわかりますが、
明らかに首がぶれてますよね。

https://www.youtube.com/watch?v=4AoejB6Y-C4

 

 

逆に良い例を挙げると、
ダルビッシュ選手。

https://www.youtube.com/watch?v=YHU4no69yUo

 

全然ぶれてませんよね?

 

もちろん、
ダルビッシュ選手も
悪い時はぶれたりしてますよ。

 

つまり、

 

投げるときに
首がぶれないように

 

意識を変えてみるだけでも、
驚くほど制球は変わります。

 

 

もし、あなたが
本当にエースになりたい
そう思っているのなら、

 

自分の投球練習を
撮影して、

 

見直しながら
やってみて下さい!

 

結果は
やった分だけ
自分に返ってきますよ。

 

 

今回もお付き合いいただき
ありがとうございました!

 

 

TAKA

 

画像出典:http://tanaka-diary.com/wp-content/uploads/2016/07/darvish2.jpg