こんにちは!
たかです。

 

 

いよいよあと一か月もすれば
甲子園予選も開幕ですね!

 

 

今年も見ごたえのある試合が
たくさんありそうで、
今からワクワクしてるんですが、

 

 

やはり、強いチーム同士で
やるとどうしても、
1点差の勝負になりがちですよね。

 

 

そんな時に、
自分の小さなミスで
負けてしまった。

 

そんなのシャレになりません。

 

良い投手でも、
そういう細かいプレーが
出来るか出来ないかで、

 

良い投手だけど
勝てる投手じゃない。

 

なんて区別がつくのかも
しれませんね。

 

今回はピッチャーの中でも
悩みの種の1つ

 

グラブトスについて
書いていきます。

 

投手といっても、
投げるだけが
仕事じゃありません。

 

投げた後は9人目の野手です。

 

もし、自分のグラブトスの失敗で
チームが負けてしまった、、

 

そんな日には泣きたくも
なってしまいますよね。

 

もし、あなたが

 

このままグラブトスに
不安を持ったままだと、

 

 

グラブトスが
安定していないせいで

 

レギュラーから外されてしまう

 

最悪の場合、

 

ベンチ入りもできない。

 

そんな状況になることも
十分ありえます。

 

でも逆に、

 

グラブトスに一切の
不安がなければ、

 

いつどのタイミングで
スクイズが来ても、

 

何回も3塁に
ランナーを抱えても、

 

一切気にすることなく、
ピッチングだけに
集中することができます。

 

 

では、
グラブトスを安定させるには、

 

『手首の固定とイメージ』

 

が大事になります。

 

グラブトスが上手くない人に
共通しているのが、

 

手首を動かして
トスしているということ。

 

 

つまり、その逆のことを
してしまえばいいんです。

 

 

もう一つ、

 

イメージを持つこと。

 

これが非常に大事になります。

 

どんなイメージかというと、

グラブを押し出す、

 

グラブを突き出す、

 

というイメージです。

 

これは、実際に
僕が指導してもらったことで、

 

一瞬で悩みが
解決してしまいました。

 

この手首の固定と
イメージをするだけで、

 

たった1日で、

 

いや、

 

たった15分の練習で、
あなたの悩みは解決します。

 

 

是非一度試してみて
下さい!!

 

 

今回もお付き合いいただき
ありがとうございました。

 

 

TAKA