こんにちは!
TAKAです。

 

夏とはいえども、、

 

 

暑すぎですね!!

 

 

外に出るだけで
汗ダラダラになります。

 

 

本当に
水分とらないと

 

 

命の危険を
感じますね。

 

 

という訳で今回は

 

 

場面における
水分補給の違い

 

 

をテーマにお話しします。

 

 

もし、あなたが
間違った水分補給を
していたなら

 

 

あなたの知らぬ間に
脱水症状になり

 

 

まともに練習する
こともできなくなることも
ありえます。

 

 

逆に
あなたが正しい
水分補給を知っていれば

 

 

夏の運動中でも
脱水になる心配はなく

 

 

あなたの思い通りに
体を動かすことが
できます。

 

 

では、具体的に
どうすればいいのか。

 

 

ポイントは4つです!

 

 

一つずつ
話したいと思います。

 

 

 

①「喉が渇いた時」は
すでに脱水状態。

 

 

喉が渇いたと思う前に
水分を補給するように
してください。

 

 

②普段水代わりに
スポーツドリンクを
飲むのをやめる。

 

 

実は、市販のスポーツドリンクは
使い方を誤ると吐き気や
胃の不快感を引き起こしたり

 

 

脱水を助長する
恐れがあるため
要注意です。

 

 

 

③汗からは水分と一緒に
塩分も失われてしまう

 

 

対策として
朝食では必ずみそ汁など
汁物をとるようにしましょう。

 

 

 

④運動中の
水分摂取の方法

 

 

(1)運動30分前に
コップ1~2杯を飲む

 

 

(2)運動中は15~20分に
1回150~200㎖摂取

 

 

(3)運動終了後は
すぐに水分をとる。

 

 

 

以上の点に
気を付けることで

 

 

間違いなく
練習中も

 

 

あなたの最高の
パフォーマンスが
発揮できます。

 

 

是非、試してみてください!

 

 

今回もお付き合いいただき
ありがとうございました!!

 

 

TAKA