※この記事は中高生向けに書いています。

 

こんにちは!
たかです。

 

いやぁ面白かったです!

 

今日は、大学の他の部活を
見る機会がありまして、、

 

柔道部の練習を
生で見てきました。

 

 

そこで改めて思ったのが
上手な選手は

 

 

体の使い方が上手い!!
ということ。

 

 

そういう訳で、今回は
投手において最も
大事な”体の動き”とは

 

について話したいと思います。

 

 

もしあなたがこの”動き”
ができていなかったら

 

球速やコントロール
すべてにおいて

 

あなたの持つ本来の
力の20%も出せず、

 

一生懸命頑張って
鍛え上げた体も

 

全くの無意味なもの
になってしまいます。

 

 

あなたよりも
体が小さい選手を

 

 

「なんで自分よりも
小さいのに、球が
速いんだろう。。」

 

 

なんて、もどかしい
思いをしながら

 

 

2年半の高校野球が
終わってしまうでしょう。

 

 

逆に
あなたがこの動きを
自分のものにできたら

 

 

自分の持つ筋力を
最大限に発揮し、

 

 

今までのあなたでは
考えられなかったような

 

 

キレとノビのある
”生きた”球を
投げることができます。

 

 

周りからは

 

「体そんな大きくないけど
めちゃくちゃ良い球投げるよな」

 

 

なんて、羨望の眼差しで
見られるようになり

 

 

試合では、
間違いなく

 

 

打たれることが
少なくなります。

 

 

では、その重要な
体の動きとは、、、

 

 

 

「体重移動」です。

 

 

 

「そんなことが大事なのは
誰でもわかっている」

 

 

 

確かにそうです。

 

 

ただ、分かるとできるでは
天と地ほどの差があります。

 

 

実際に分かっていても
なかなか上手くいかない

 

 

そんな人ばかりです。

 

 

ただ、
ポイントを押さえて
しまうことで、

 

 

分かる→できる

 

 

に持っていくことは
十分に可能です。

 

 

では、
どの点に気をつけるべきなのか?

 

 

ポイントを箇条書きします。

 

 

・イメージ

 

・お尻

 

・軸足

 

・グラブの手

 

 

この4つのポイントを

イメージすることで

 

 

非常に体重移動が

しやすくなります。

 

 

今から説明するのは

右投手を基準にします。

 

 

まず、イメージをすることは

とても大切なことです。

 

 

その中でポイント1

 

・お尻は

 

 

進行方向に対して

少し左側に椅子がある

と思って、

 

 

そこにお尻を座らせる

イメージで持っていきます。

 

 

 

ポイント2

 

・軸足は

 

 

進行方向にまっすぐ

右足を後ろから押される

ようなイメージで

 

 

持っていくと良いです。

 

 

ポイント3

 

 

・左手は

 

 

壁やバランスをとることに

非常に大切になるものです。

 

 

お尻を左側に持っていくと

当然、体は左に流れます。

 

 

それを左手が

バランスをとる役割を

してくれるのです。

 

 

 

以上の点を意識するだけで

あなたの体重移動は

 

 

誰よりも良いものに

なってくれます。

 

 

是非、今日から

シャドウピッチングで

 

 

感覚をよりよいものに

してみて下さい。

 

 

今回もお付き合いいただき

ありがとうございました!!

 

 

 

たか