こんにちは!
たかです。

 

突然なんですが、

 

最近、
朝活と短眠に
挑戦してます!!

 

始めたての頃は
かなりきつかったんですが、

 

自分のなかで、
リズムが作れてきたおかげか、

 

今日は、
気持ちよく起きられて

 

朝から良い気持ちで
ブログを書いています(笑)

 

 

リズムといえば、

 

投手にとっては、
試合をテンポよく作っていくのに、
欠かせない要素ですよね。

『ランナーを出すといつも
テンポを変えられずに、
簡単に盗塁されてしまう。』

 

 

『投げるテンポが悪いと
監督に怒られる。』

 

 

『自分が投げると、
なぜか守備のエラーが
多くなってしまう。』

 

これは、実際に
高校野球をしていた当時、
僕が抱えていた悩みですが、

 

 

同じように、
リズムやテンポに関しての
悩みを多く聞きます。

 

もしかすると、
これを読んでいるあなたも、

 

同じ悩みを抱えていて、
一刻も早く解決したい。

 

そう思っている
最中かもしれません。

 

 

ですが、、

 

 

もし、あなたが、
投げるリズムやテンポを

 

自分の意のままに
することができたなら、

 

 

・守備のリズムがよくなり、
圧倒的に味方のエラーが減る

 

・自分のテンポで投げられるため
打者に主導権を与えない。

 

・リズムよく投げられるため、
スタミナ消費が減る。

 

 

上のようなメリットを
意図も簡単に
得ることができるんです!!

 

 

僕も実際に、
少し意識を変えるだけで、

 

それを実感することが
できました。

 

 

では、具体的に
どうするのか?

 

ポイントは
以下の2つです!

 

・ボールを持つ時間を
変化させる。

 

・首を動かす。

 

この2つです。

 

 

リズムよく投げるというと、
キャッチャーに向けて、
どんどん投げれば良い

 

そう思うかもしれませんが

 

それは全くの間違いです!

 

それでは、
ただ一定の間隔で投げる

 

ピッチングマシーンと
同じになってしまいます。

 

 

ですから、
どんどん投げたり、

 

追い込んだら
少し間を置いたりを

 

織り交ぜながら
投げてみて下さい。

 

 

また、2つ目の
首を動かすに関しては、

 

『意味がわからない。』

 

そう思ったかも
しれません。

 

 

これは、
ランナーがでた場合です。

 

ランナーがいる場合に、
首を縦に何回か振ります。

 

回数は
自分の好きな数、

 

ランダムに
してみてください。

 

これをするだけで、
ランナーは物凄く
走りずらくなります。

 

 

たったこの2つを
実践するだけで、

 

あなたの投手としての能力、

 

マウンドさばきが
圧倒的に変わります!

 

今日からでもできるので、
是非試してみてください。

 

 

今回もお付き合いいただき
ありがとうございました!

 

 

TAKA

 

画像出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2018/images/matsuzaka20180423.jpg